注文住宅の依頼先はどこがいい?

話し合いが理想の注文住宅の秘訣

話し合いが理想の注文住宅の秘訣

話し合いが理想の注文住宅の秘訣 新築の一戸建て住宅には注文住宅と建売住宅があり、注文住宅を選択すると希望を反映した家を建てられます。建築の過程を確認でき、家中の細かい部分にも個性を出せます。
所有している土地か購入した土地に建てる注文住宅は、施主と建築会社が何度も話し合いを行い納得できてから建て始めます。建売住宅は無難な設計の物件が多いですが、注文住宅の場合は家族の生活スタイルに合わせて自由に間取りを設計できます。ドアや壁紙のデザインも家を建てる段階で決められ、大工とも直接話せます。
注文住宅なら、予算に応じて間取りだけでなく設備や外観も自由に選択できます。好きなエリアに土地を購入して、土地の形状に合わせて合理的な住宅も立てられます。注文住宅を建てると決めたら、担当者と何度も打ち合わせを行います。話し合いの回数は10回から25回程度が一般的ですが、最も多いのは着工前の打ち合わせです。住宅に対する希望が多いほど打ち合わせの回数が多くなり、特に特殊な注文を出す場合は頻繁に話し合います。住宅に対する希望が少ない場合は、5回前後の打ち合わせで工事を始めるケースもあります。打ち合わせの期間は平均で半年程度で、長いと1年以上も話し合います。内装や外装の基礎部分は着工前に決めるため、丁寧に話し合う必要があります。途中で施主側の考えが変わり決めた内容を変更する場合や追加したい設備が出てくると、軌道修正のために追加の打ち合わせが行われます。
工事を請け負っている会社は、施主のイメージ通りに住宅を完成します。理想の住宅を完成させるために納得できるまで打ち合わせを行いますが、話し合いが無駄にならないような工夫も必要になります。打ち合わせの流れは大きく分けて3つあり着工前は住宅の間取りや仕様、設備について相談します。実現させたいイメージや条件を細かい部分まで伝えて、注文住宅の方向性を明確に定めます。質問をリストアップしたメモを持っていると、話し合いがスムーズに進みます。建築中の打ち合わせも大切で、修正を加えたい部分があれば早いタイミングで施工会社に伝えます。
施工会社のアドバイスにも耳を傾け、建物に合う内装を仕上げます。注文住宅が完成すると、最終確認も兼ねて打ち合わせを行います。工事の問題が見つかった場合は修正を依頼しますが、最初の打ち合わせで詳しく指摘します。次に解決策を決め、完成した注文住宅の修正を行います。問題がなければ建物が引き渡され、予定した日に引っ越します。

新着情報

◎2021/7/29

間取り設計において意識すべきポイント
の情報を更新しました。

◎2021/7/30

サイト公開しました