注文住宅の依頼先はどこがいい?

どのような家かの想像を

どのような家かの想像を

どのような家かの想像を せっかく家を買うなら「注文住宅」とお考えの方もいらっしゃるはずですが、その前に注文住宅と建売住宅との違いを理解されているのでしょうか。「建売住宅は安いけれど、隣近所と似たような家で味気ない」そのようなイメージばかりが先行しているかもしれません。
たしかに建売住宅は注文住宅のように細かく希望を出せないものの、それぞれメリットとデメリットがあります。これから注文住宅を購入されたいという方は、具体的な想像を膨らませるために、注文住宅と建売住宅のメリット・デメリットを理解しておきましょう。
多くの方が想像される通り、注文住宅は「暮らしの自由度が高いこと」が最大の特徴です。土地をお持ちの方以外はまず土地の購入から始まり、建築会社や建築士にどのような家を建てて欲しいのかを依頼します。マイホームに憧れる方にとって自分の要望を出してどこにどの部屋を作るのか、動線はどうしたいのか考えるのは楽しいものですが、要望を出せる分、密に建築会社などと連絡を取り合う必要があるのです。
また、要望を増やしたことにより予め立てておいた予算を大幅に超えてしまったという可能性も出てきます。そして注文住宅はもともとが建売住宅よりも高いという点が挙げられるのです。
一方で建売住宅は、土地と家がセットになっている物件を購入することになり、既に建てられている家を購入する場合や、「これからここにこういう家が建ちます」という物件を購入する場合があります。デメリットとしては多くの方が予想される通り、建売住宅は何軒か並んで建てられることが多いため、隣近所と似た家になりやすいとう点が言えます。ですが、既に建っている家を購入する場合は、内覧を行ってから購入するため、そこに住んだときの暮らしが想像しやすい、金額も予め分かっているということが言えます。
更にこれから建てられるとしても、建売住宅は設計から施工までが早いため、注文住宅に比べてすぐに入居できるという点が言えるでしょう。
注文住宅にも建売住宅にもメリットとデメリットがありますが、その二つの違いを具体的に理解しておくことで、当初は注文住宅を考えていた方も建売住宅に考えが変わる場合があります。もちろんその逆の可能性も言えます。
家は生涯モノの財産ですから、購入の前に家族でじっくりと話し合ってご家族のスタイルや生涯設計に合った家を購入されてください。検討を重ねることで、家族での満足度も上がることでしょう。

新着情報

◎2021/12/13

検討中なら住宅展示会場へ足を運ぼう
の情報を更新しました。

◎2021/7/29

間取り設計において意識すべきポイント
の情報を更新しました。

◎2021/7/30

サイト公開しました